相馬商事株式会社
  社長挨拶
 
  わが国経済は、アベノミクスの取組みの下、雇用・所得環境が改善し、緩や かな回復基調が続いているものの、年度前半には海外経済で弱さが見られたほか、国内経済についても、個人消費および民間所得は所得、収益の伸びと比べて力強さを欠いた状況となっております。
 また、物価動向では、原油価格の下落により前年比で伸びが低下しております。
 今後のわが国経済の見通しは、先行きリスクとして、海外経済の不確実性、金融資本市場の変動影響等が懸念されるものの、経済政策の推進により、雇用・所得環境を引続き改善し、経済の好循環が推進する中で、民需を中心とした景気回復が見込まれております。
 当社はこのような事業環境を見据えながら、営業基盤の拡大と財務内容の効率化を推進し、事業の発展、企業価値の向上に努力する所存でございます。
 何卒株主、お取引先をはじめ全てのステークホルダーの皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

  
代表取締役社長 相馬 謙吉

沿革の概要
 当社は文久3年(1863年)に創業の米穀商を遠祖とし、その100年後にあたる昭和38年4月に相馬創業100周年を記念して商事部門が独立し、設立されました。
 また、翌年には日清製粉株式会社の資本参加を得る等、設立以来、その時々の経済環境の変化に即応すべく積極的業務の拡充と伸長を図ってまいりました。
 現在は、函館に本社を置き東京、札幌に支店と営業部門を設置し、配合飼料や小麦粉を主力商材として、各地区の地域的特色に合わせて畜産物や輸入乾牧草、国内飼料原料などを取り扱っております。